仏像彫刻の用具




能面を打つ書籍

面打ち彫刻セット 彫刻刀安来鋼super 彫刻刀ハイス鋼HSS
研ぎ機シャープナー楽珍有り たたきのみ つきのみたたき
能面檜材 下塗りセット 上塗りセット 天然煤液(古色液)
胡粉・膠 水乾板流し顔料 水干顔料 螺青(るいせい)
金冠作り ぼうぼう眉 能面桐箱 能面袋
ループタイ 馬の毛 面台 能面を飾る額
堀安右衞門作 面打ち参考書籍 制作用能面型紙 小面の彩色DVD
能面100

金剛家:金剛永謹氏 能面愛好家:スティーヴェン・マーヴェン氏 篠山能楽資料館長:中西薫氏 三者所蔵 能面100面を展示

会場:美術館「えき」KYOTO
JR京都駅下車すぐ 京都駅ビル内 
ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
アクセス:こちらをクリック!

2022年1月2日(日)〜2月6日(日)
10時〜19時30分(入館締切 閉館30分前)
※会期中無休
貴重資料是非プリントアウトして下さい
能面100:こちらをクリック!

能面公募

能面が彫刻作品で終わるのではなく、能楽の舞台で生きる面(おもて)を創作できる能面師を見出し、共に未来へ能楽を伝承することを目的としている。
【各賞の発表】最優秀作品賞・他
能楽「皇帝」「碇潜」に使用する面を募集
募集する面: 小面・深井・小尉・三光尉・三日月・小?見
■小尉・三光尉: 能楽「皇帝」「碇潜」各々の前シテに使用できる作品(小尉・三光尉に類するもの)
■小?見: 能楽「皇帝」後シテに使用できる作品
■三日月: 能楽「碇潜」後シテに使用できる作品(怪士に類するもの)
■小面: 能楽「碇潜」ツレに使用できる作品
■深井: 能楽「碇潜」ツレに使用できる作品

募集期間 11月29日(月)〜12月6日(月)必着
※午後2時〜4時 時間指定で必ず送付



出品先 東京都中野区東中野2丁目6―14 
梅若能楽学院会館能面公募宛

能面公募2021 募集要項:こちらをクリック!

[東京公演をより楽しむ為の事前講座・能:皇帝 能:碇潜]
会場:十四世喜多六平太記念能楽堂
東京都品川区上大崎4−6−9
Tel.03-3491-8813
公演日:2021年12月26日(日)
【第一部】 東京公演をより楽しむための事前講座
10時開場/10時半開演/12時終了予定
上演される演目のあらすじ、見所や、能面、装束、作り物などについての解説
【第二部】 東京公演
13時開場/14時開演/17時終演予定
 能「皇帝」 狂言「しびり」  
 一調「花筐」 能「碇潜」
東京公演:こちらをクリック!

第15回島熊山能面祭

第15回島熊山能面祭図録

15年間の足跡含む全32ページ特別編

ご購入の方はこちらへ

島熊山能面祭 入選発表

こちらを クリック

第15回島熊山能面祭にご応募いただきありがとうございました。
「能面コンクール」としては最後の能面祭の開催であり、15年間の集大成として、「名作の出現」と「舞台で使える能面」をめざす新作能面を募集しました。結果、全国93名の方々から昨年より46面多い148面の応募をいただきました。内容的も最終回にふさわしく「舞台で使える」優秀な能面が数多く、梅若実賞、大槻文藏賞も復活し、豊中市長賞、審査員特別賞2面、優秀賞12面、奨励賞11面、さらに努力賞として10面が選ばれました。なお、第一次審査推薦作品は18面でした。


会場:篠山能楽資料館 
兵庫県篠山市河原町175 TEL: 079-552-3513

■前期 名作能面展
2021年3月2日(火)〜8月1日(日)

2021年9月1日(水)〜12月19日(日)

中世から近世までに打たれた能面の中より

50面を厳選し展示



■後期 幽玄の美展

詳細はこちら


「新作能『高虎』    WEB上演会」

WEB配信

申込は終了致しました

「高虎」動画配信については 甲良町観光協会へ こちらをクリック
水干立て






堀安右衛門 能面打ち下に掲載

「石王尉」

豊中能面工芸会

主宰 鳥畑英之先生

制作・彩色手順を公開

木取・粗取り・仕上げ・裏取り・ヤニ抜き・漆塗り・下塗り

上塗り・彩色・毛植え

ご参考にしてください

石王尉を制作 こちら




新作能【高虎】上演に向け、ご支援のご案内


 ケインドレイク ホームページ内のすべてのデザイン・画像等の無断転載・複製を禁止します