kindlake 能面乃彩色

 

 ホーム
 
 KINDLAKE
 作品紹介
 リンク集
 お問い合わせ
 商品紹介
 書籍紹介
 お買い物

 

 

 

 
古面の優品をもとに
能面乃彩色

高津 紘一 著

  発売日:平成12年12月8日
判 型:A4判
頁 数:総頁153頁(カラ-)
定 価:本体19,000円(本体価格)

発注コード50633
ご注文はこちらをクリック

内 容:
勝手の名工たちの能面9面を座右に置きそれぞれの造形と彩色を再現する。

個々の制作の工程の全てを写真映像によりせまり、その技法を解説する。

胡粉、黄土、朱、金泥から剥落模写、さらに金具の制作に至まですべてを公開。

本書は、面打ち40年、緻密な彩色で知られる作者の観察力と技法を2年余りに至って追跡収録した待望の書である。

古面の解説 :中西 通

写真      :齋藤 雄致

●十六   古元休  出目満永作・・・・・・・・江戸初期
●三日月  河内   井関家重作・・・・・・・・桃山〜江戸時代
●三光尉  近江    児玉満昌作・・・・・・・・江戸時代初期
●増髪     洞白    出目満喬作・・・・・・・・江戸時代初期
●龍女         伝氷見宗忠作・・・・・・江戸時代初期 
●橋姫         宮田筑後作・・・・・・・・江戸時代初期
●釣眼         是閑 出目吉満作・・・桃山時代

●顰            友閑 出目満庸作・・・江戸時代初期

●般若         洞白  出目満喬作・・江戸時代初期 

関連書籍

高津紘一能面を打つ   -面の舞台と型紙- 

  詳細はこちらをクリック

 発注コード57012
ご注文はこちらをクリック

著者プロフィール:
1941年神奈川県平塚市に生まれる。

1964年京都にて能面師を志す

1987年高津能面展を開催

1989年平塚八幡宮に「翁」面を納める

1990年創作面「氏政」、「秀吉」両面が使用され、小田原城薪能

     にて初演される

1991年丹波篠山 能楽資料館の研究員となり古面の研修

1992年″92日本現在秀作工芸選抜バルセロナ展″出品

1993年神奈川県神社庁より表彰

1994年ロータリー文化奨励賞を受賞

1996年国立能楽堂にて復曲能「実方」上演にあたり、創作曲

     「実方」が重要無形文化財保持者・梅若万紀夫師により

     演能される

1997年佐渡能楽資料館の設立にあたり、作品制作の依頼を受

     け能面20点が展示保存される

1998年観世流梅若万三郎家所蔵の面「能面手鑑」の出版に際し

     面の記録、採寸を担当する

2000年金剛流宗家所蔵の面「金剛家の面」の出版に際し、

    面の記録・採寸を担当する。