kindlake 仏像彫刻のすすめ

 

 ホーム
 
 KINDLAKE
 作品紹介
 リンク集
 お問い合わせ
 商品紹介
 書籍紹介
 お買い物

 

 

 

 
地紋彫りから聖観音にいたるまでの制作過程を紹介
仏像彫刻のすすめ

松久 朋琳 著
 

発売日:1973年5月1日初版
判 型:B5判
・上製

頁 数:総頁210頁(モノクロ)
定 価:本体3,500円(税別 )

出 版:日貿出版社

発注コード55140


ご注文はこちらをクリック

内 容
●宗琳作

 ・聖観音立像

 ・山越の弥勒菩薩壁彫

 ・三尊と聖徳太子

 ・千手観音像

 ・毘沙門天像と

  魔王尊像

 ・毘沙門天像

●第1章

仏像の歴史とかたち

 ・仏像を彫るこころ

 ・日本の仏像

 ・仏像の種類と形相

●第2章

基礎編

 ・仏像彫刻の心構え

 ・道具と材料

 ・地紋彫り

 ・仏手と仏足

 ・仏頭を彫る


内 容
●第3章

実技編
・大黒天を彫る
・救世観音を彫る


●第4章

応用編
・地蔵菩薩立像

・釈迦如来坐像

・聖観音立像

●第5章

参考編

・彩色の方法

・持物と荘厳具の作り方
・回想の諸仏

著者プロフィール
明治34年、京都に生まれる。21歳のとき、養父の死を契機に仏師として独立。依頼、全国の古寺名刹の仏像を彫り、その数は四千に達する。昭和37年、京都・九条山に子息・宗琳らと「仏像彫刻研究所」を創設し、広く後進の指導にあたり、53年には京都市文化功労者となる。

主な作品:四天王寺・仁王像、延暦寺・三尊、金閣寺・岩屋観音像

      法華寺・十一面観音像、大覚寺・五大明王像など。